見出し画像

マネーフォワード クラウドで読み込み時間にお困りな方向け「複数タブ活用法」【#クラウドTips】

マネーフォワード クラウドのカスタマーサクセスを担当している森田です。

本シリーズ【#クラウドTips】では、実務上起こりうるケーススタディをベースとした、マネーフォワード クラウドのちょっとした使い方のコツ(Tips)をご紹介したいと思います。

#クラウドTipsはマネーフォワード クラウドを使い慣れている方向けのテクニックをご紹介するシリーズです。一般的な操作にお困りの方は、サポートページをご参考ください。

***

今回は、クラウド型ツールの特性上発生してしまう読み込み時間を軽減するための「複数タブ活用法」をご紹介します。マネーフォワード クラウドシリーズの操作方法というより、ブラウザの機能をうまく活用する方法です。

お使いのブラウザによって操作方法やショートカットキーが異なる場合がこざいますのでご了承ください。
(本記事では、マネーフォワード クラウドシリーズの推奨ブラウザ「Google Chrome」、ショートカットはWindowsを用いる活用法をご説明します)

「クラウド型ツール」と「インストール型ツール」の違い

最初にクラウド型ツールとインストール型ツールの違いを確認しましょう。

画像1

※1 利用するためにメールアドレスやパスワードが必要です。

インストール型ツールは、PCにソフトをインストールして利用します。インターネットに接続する必要がなく、スピード感のある操作が可能です。しかし、アップデートがあれば自分でダウンロード・インストールしなければなりません。また、基本的にはインストールしたPCでしか操作できません。

クラウド型ツールは、インターネットを通じてサービスを利用します。スピード感はインストール方には劣りますが、アップデートがあれば基本的には自動で行われます。PCとインターネット環境さえあればいつでもどこでも操作が可能です。

クラウド型ツールのメリットは魅力的だけど「スピード感が気になる…」という方はぜひ今回のテクニックをお試しください!

複数タブ活用法の手順

■ひとつのタブで作業すると「読み込み時間」が気になる

マネーフォワード クラウド会計で試してみましょう。残高試算表をクリックして開こうとすると…

画像2

このように読み込みの時間が発生してしまいます。

画像3

一回当たりの読み込み時間は短いかもしれませんが、画面を遷移するたびにこの読み込みを待っていると「スピード感がない」と感じる方もいらっしゃると思います。

■複数タブ活用法の手順

ブラウザの下図の赤い枠で囲んでいるところをタブといいます。タブを使うことで、一つのブラウザ上で複数ページを表示することができます。

画像4

「複数タブ活用法」はこのタブを活用します。なお、このテクニックはマネーフォワード クラウドシリーズすべてで活用できます。

⒈マネーフォワード クラウドシリーズの操作画面で「新しいタブで開く」

画像5

<新しいタブの開き方>
・右クリックで「新しいタブで開く」
・キーボードの[Ctrl]を押しながら左クリック

⒉作業する画面をあらかじめ別タブで開いておく

画像6

<オススメの画面構成>
・内容をチェックしたい時:
 残高試算表 + 推移表 + 仕訳帳
・入力をしたい時:
 残高試算表 + 推移表 + 仕訳帳入力 + 振替伝票入力
<ショートカットキーでタブを切り替える方法>
・キーボードの[Ctrl]を押しながら[Tab]で右のタブへ
・[Ctrl]と[Shift]を押しながら[Tab]で左のタブへ

⒊仕訳の入力や修正等、情報を更新した時

画像7

<画面を最新の情報に更新する>
・ブラウザの画面更新ボタンをクリック
・キーボードの[F5]

クラウド会計での複数タブ活用例

マネーフォワード クラウド会計で、推移表から特定科目の補助元帳を月別に監査する時の活用法をご紹介します。

⒈確認したい総勘定元帳や補助元帳を、新しいタブで先に開いておく

画像8

勘定科目ごとに確認したい場合は試算表から、月ごとに確認したい場合は推移表から元帳を開くのがオススメです。

画像9

画面の読み込み時間を重ねることで、待ち時間を削減することができます。

⒉総勘定元帳や補助元帳で、仕訳の追加・修正・削除を行う

画像10

作業が終わったらタブを閉じて行くことで、作業の進捗を確認しながら進めることができます。

画像11

残高試算表や推移表で確認をする時も残高試算表を更新し、読み込みをしている間に推移表を更新、という風に運用していただくとスムーズに確認することができます。

おわりに

インストール型ツールは一つの作業を完了させて次の作業に着手する、といった”直列的”に作業するイメージです。一方、クラウド型ツールは先に業務を並べて、端から作業をしていく、といった”並列的”に作業するイメージです。

今回の複数タブ活用法のように、クラウド型ツールに合わせた作業を意識するだけでも作業効率を向上させることができると思います。これを機にお試しください!

#クラウドTips、次回もお楽しみに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
マネーフォワード東京本社で、「マネーフォワード クラウド」シリーズのカスタマーサクセスを担当しています。4年間会計事務所に勤務し、後半はツール導入・管理をメインに従事した後マネーフォワードにジョインしました。趣味はスーパー銭湯巡り。スーパー銭湯は心の洗濯です。

この記事が入っているマガジン

クラウドクエスト
クラウドクエスト
  • 78本

「マネーフォワード クラウド」に関わる人々が、"プロダクトだけでは伝わらない想い”を言葉に綴りお届けしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。