見出し画像

【Road to 感謝祭 #1】公認メンバー感謝祭を開催するきっかけとその想い

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」を開催いたします。
2020年7月27日に2回目の開催で好評をいただいた「士業サミット2020」とは別に公認メンバーの皆さまに向けた感謝祭として完全オンラインのスピンオフイベントを実施することになりました。

【「公認メンバー」とは?】
中小企業の抱える課題を共に解決する事を目的として、士業事務所様とマネーフォワードが結んでいるパートナーシップです。北は北海道、南は沖縄まで、全国で4,200を超える士業事務所様に加盟頂いています。

この【Road to 感謝祭】シリーズでは開催まで、「どんな人がどんな想いでイベントを作っているのか」「登壇する人がどんなことを皆さまに伝えたいのか」など、当日のイベントを倍楽しめるような裏側のお話を定期的にお届けしていきます。

第1週目の記事では「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」の発案者である高垣内さんにお話を聞いていきたいと思います。

画像1

高垣内 友己(たかがいと ともき)
2018年入社。外資系ビジネスイベント会社や求人広告営業を経てマネーフォワードへ。マネーフォワードでは事業推進本部(マネーフォワードの士業専門部署)に営業として配属されたのち、一からカスタマーサクセス専門の部署を立ち上げ、現在もカスタマーサクセス業務に従事。

***

——自己紹介をお願いします。

高垣内:マネーフォワードで士業の皆さま向けのカスタマーサクセスを担当している高垣内(たかがいと)と申します。

普段は、士業の皆さまがマネーフォワード クラウド公認メンバーになっていただいた後の導入サポートから、活用支援から、セミナー講師やコンテンツ企画・制作等、幅広い業務に携わってカスタマーサクセスを実現するために士業の皆さまのお役にたつことはなんでもやります。

カスタマーサクセスのチームでは直接士業の皆さまにお会いして活動するものもいますが、私はセミナーやイベント等の情報発信をメインにしています。

公認メンバーのみなさまへの感謝を伝えたい

——今回の「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」で担当されていることを教えてください。

高垣内:私はこのイベントの全体統括という立場で指揮を取っていますが、後述するBizBASEという取り組みの統括も行っております。

——全体の統括をする立場である高垣内さんから「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」のコンセプトや想いを教えてください。

高垣内:「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」とは、“士業の皆さま向け”のイベントです。テーマは「感謝」。この感謝というのは色んな意味を持っています。

私たちから、日頃お世話になっている士業の皆さまへの感謝を伝えることがコンセプトです。各種のコンテンツはもちろん、士業の皆さま同士の交流の場を作ることで業界全体にも感謝を表したいとも考えています。

画像2

(全国で士業の皆さまと交流するマネーフォワードの社員)

——過去に開催していた「士業サミット」との違いを教えてください。

高垣内:過去に開催していた「士業サミット」は我々が目指している未来を提示をするようなものでした。

既にお付き合いのある士業の皆さまはもちろん、まだお付き合いのない士業の皆さまにも有意義な内容となる様な内容を意識していました。今回は感謝というコンセプトに振り切っていて、既にお取引のある士業の皆さまに喜んでいただけるようなものをメインにしています。

——具体的にはどのようなコンテンツがあるのかお聞きしてもいいですか?

高垣内:まだすべてはお話できないのですが以下の様な内容をご準備しています。

<イベントセッション>
・士業の皆さまに、ここでしか聞けないマネーフォワードが描く未来の話
・マネーフォワードの元人事部長が話す人事や組織戦略の話
<体験型セッション>
・マネーフォワードという会社を知っていただくための検定
・マネーフォワードのデザイナーと未来のバックオフィスを考えるセッション
<相談セッション>
・インフラやDX、人事等を得意としている社員との個別相談室
<ビジネスマッチング>
・士業の皆さま同士が、お互いのニーズに合うようなビジネスマッチング

我々のサービスを紹介する様な内容は今回のイベントではほぼありません。
また、お祭りなのでいろいろな方に楽しんでいただくためにメインセッションの他にもサブセッションを準備していますし、早期申込のノベルティなども準備しています。

本当の意味で士業が望む未来を叶える手助けとなりたい

——最初にお話にありました“BizBASE”というのはなんでしょうか?

高垣内:私たちの事業推進本部では、士業の皆さまとパートナーシップを結び、士業の皆さま、ひいてはその先の顧問先様のビジネスの発展によって“日本を前に進める”ことをミッションとしています。

そのために私たちは、マネーフォワード クラウドやグループ会社のサービスを活用するためのコンテンツや、マネーフォワードと士業、士業と士業が交流し、課題解決や情報共有が出来る環境を用意します。そのためのプロジェクトが「BizBASE」です。

具体的には士業の皆さまが主導となるコミュニティであったり、学習用の動画や資料などを準備しています。

画像3

(作成中のBizBASEのコミュニティサイト)

“BizBASE”を運営しているメンバーと話していて、とても自然な流れで公認メンバーの皆さまに感謝を伝えたいね、という話があがるようになって今回の「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」の発案につながりました。

今回の「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」では、この“BizBASE”の活動についても詳しくお話しさせていただきます。

——“BizBASE”という活動が始まったきっかけを教えてください。

高垣内:繰り返しになりますが我々は士業の皆さま、ひいてはその先の顧問先様のビジネスの発展によって“日本を前に進める”ことをミッションにしています。その中で我々はツールベンダーとして我々が提供するサービスの”使い方”のサポートをメインにしてきました。

ただ、ツールだけで解決できることって本当に少なくて……士業の皆さまにお力添えするためにはもっと事務所全体のDXや効率化などの大きな領域でサポートしなければいけないという課題感がありました。そこで士業の皆さまが我々のサービスを使っていただく時の土台となる様な場所を作りたい、つまりBASEを作りたい、というのが活動のきっかけです。

画像4

(BizBASEプロジェクト内容の一部)

——今までのサポートとは具体的にどこがちがうのでしょうか。

高垣内:今までは弊社の担当者やスポットで開催するセミナーにて新しい情報や事例を発信してきました。もちろん我々から情報を提供していく活動も大事でこれからも続けて行きたいと思っています。

ただ一方で士業の皆さまがキャッチアップした情報を活かしたい、といった時に、ほしい時にほしい情報・資料にアクセスできるような場所があったらどうでしょう? しかもセミナーの様に時間や場所の制限もないとしたらどうでしょうか?

その様なまさしく土台となる様な取り組みというのは今まで十分とは言えない状態だったと思います。そこで社内のいろいろな人を集めて始めた活動が“BizBASE”です。

——最後に公認メンバーの皆さまに一言お願いします。

高垣内:今回の「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 -」は、これまでの士業サミットとはまた毛色が違うものになります。私たちが用意しているコンテンツをお披露目するだけではなく、日頃の感謝を皆さまにお伝えできるように、皆さまにとって価値があり、楽しんでいただける……そんなコンテンツを用意してお待ちしております。ぜひご参加ください!

***

最後まで読んでいただきありがとうございます。「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 -」にご興味をもっていただけたら、以下ページからお申込みください!

画像5

次回は高垣内さんの話にもあった早期申込特典のノベルティについて、企画担当へノベルティに込めた想いをインタビューします。次回の#Road to 感謝祭も是非ご覧ください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
マネーフォワード東京本社で、「マネーフォワード クラウド」シリーズのカスタマーサクセスを担当しています。4年間会計事務所に勤務し、後半はツール導入・管理をメインに従事した後マネーフォワードにジョインしました。趣味はスーパー銭湯巡り。スーパー銭湯は心の洗濯です。

こちらでもピックアップされています

クラウドクエスト
クラウドクエスト
  • 103本

「マネーフォワード クラウド」に関わる人々が、"プロダクトだけでは伝わらない想い”を言葉に綴りお届けしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。