見出し画像

【飲食/小売/美容業向け】レジ×クラウド会計を連携するときに便利な機能【#クラウドTips】

マネーフォワード クラウドのカスタマーサクセスを担当している森本です。

本シリーズ【#クラウドTips】では、実務上起こりうるケーススタディをベースとした、マネーフォワード クラウドのちょっとした使い方のコツ(Tips)をご紹介したいと思います。

#クラウドTipsはマネーフォワード クラウドを使い慣れている方向けのテクニックをご紹介するシリーズです。一般的な操作にお困りの方は、サポートページをご参考ください。

***

マネーフォワード クラウド会計・確定申告で、レジサービス等のデータを連携するときに便利な機能をご紹介します。

飲食店や小売店、美容室等、日々の売上を手入力する作業が大変ではないでしょうか?

マネーフォワードでは、「ビジネスカテゴリ」の連携という機能があり、レジの明細を自動で取得することが可能です。明細がそのまま仕訳に反映されるため、あとは基本的にワンクリックで仕訳を登録することができ、レジの売上の入力業務が効率化できます。

今回は、この「ビジネスカテゴリ」の連携サービスを利用するときの便利な使い方をご紹介いたします。

※連携するレジサービスや利用状況によって、対応できない場合もございます。ご留意ください。


1.レジごとに自動仕訳ルールを作成する方法

レジサービス等のデータを連携する際には、「ビジネス」というカテゴリの連携サービスを利用します。データを連携すると、ビジネスカテゴリというタブに明細が反映されます。

レジサービスからは、日々の売上等のデータが取得可能です。取得したデータに対して自動仕訳ルールを設定していただくことで、スムーズに仕訳が登録できます。

1つ目のTipsは、複数店舗があり、店舗ごと(レジごと)に部門や勘定科目を設定したい場合に便利です。

①ビジネスカテゴリの仕訳登録

ホーム画面>連携サービスから入力の「ビジネスカテゴリ」をタップします。レジサービスから取得したデータが反映されています。

画像1

②ルールを登録する店舗を選択(店舗1:本店、店舗2:田町支店)

画像2

③自動仕訳ルールを登録
チェックボックスにチェックを入れ、仕訳を登録することで自動仕訳ルールの作成ができます。

画像3

自動仕訳ルールが作成できていれば、他の明細についてもルールが適用されます。

④作成された自動仕訳ルールの確認
自動仕訳ルール内で、作成済のルールをご確認いただけます。

画像4

店舗1のルールができたら、②の手順に戻り、店舗2についても同様にルールを登録します。

2.日別で仕訳を登録する方法


ビジネスカテゴリ連携では、売上等のデータを明細単位または日次単位で、データが取得できます。

明細単位とは、決済される単位での表示となっており、取引日が同じ明細が複数表示されます。日次単位に設定すると、取引日が同じ明細をまとめて表示することができます。

レジデータからの売上等の計上を、日次単位で行いたい場合は、以下の設定をご活用ください。

①ビジネスカテゴリの仕訳登録
ホーム画面>連携サービスから入力の「ビジネスカテゴリ」をタップします。1.と同様、レジサービスから取得したデータが反映されています。

画像5

②日次表示への切り替え
画面右上に、データの取得単位が表示されています。「日次」をクリックすると、明細の取得単位が切り替わります。

画像6

③仕訳の登録
日次表示への切り替え後は、1.と同様に自動仕訳ルールを利用し、仕訳登録をすることが可能です。

***


飲食店や小売店等で利用するレジサービスと連携することで、日々の売上等の仕訳入力を効率化できます。レジサービスの連携を利用していただく際には、ぜひ今回ご紹介したTipsをあわせてご活用ください。

#クラウドTips、次回もお楽しみに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
マネーフォワードで士業向けカスタマーサクセスを担当しています / 1991年愛知県生まれ / 税理士事務所→ITベンチャー企業の経理を経て現職 / ハンドボールとロードバイクが好きです🚴

こちらでもピックアップされています

クラウドクエスト
クラウドクエスト
  • 103本

「マネーフォワード クラウド」に関わる人々が、"プロダクトだけでは伝わらない想い”を言葉に綴りお届けしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。