見出し画像

マネーフォワード クラウド会計で、ダブルチェックする相手に「要注意な仕訳」を伝える方法【#クラウドTips】

マネーフォワード クラウドのカスタマーサクセスを担当している中村です。
本シリーズ【#クラウドTips】では、実務上起こりうるケーススタディをベースとした、マネーフォワード クラウドのちょっとした使い方のコツ(Tips)をご紹介したいと思います。

#クラウドTipsはマネーフォワード クラウドを使い慣れている方向けのテクニックをご紹介するシリーズです。一般的な操作にお困りの方は、サポートページをご参考ください。

***

今回ご紹介するのは、マネーフォワード クラウド会計で社内複数人が仕訳を入力・確認をしたり、顧問税理士に仕訳チェックをしてもらったりする際に、相手に確認してもらいたい仕訳を伝える方法をご紹介します。活用するのは「タグ」と「メモ」機能です。

このTipsが役立つケース

・マネーフォワード クラウド会計で社内複数人が仕訳入力・確認する際に、他の人に特に注意してチェックしてほしい仕訳がある場合
・顧問税理士に、特に注意してチェックしてほしい仕訳がある場合

タグ機能とは

タグ機能とは、仕訳ごとに設定できるふせんのようなものです。タグを設定することで、仕訳帳画面でタグでの検索が可能となります。(※タグの詳しい使用方法はこちら

メモ機能とは

仕訳に関するメモを200文字まで自由に記載できる機能です。

「タグ」「メモ」機能を使い仕訳登録する手順

■自動で取得した明細(自動で仕訳)で活用する手順
まず、自動で取得した明細に対して、タグやメモ機能を活用して仕訳登録する方法をご紹介いたします。

自動取得した明細が一覧になっている[ 自動で仕訳 ]を開きます。ダブルチェックをしている社員に、より注意して確認してもらいたい仕訳のタグ欄に「要確認」などの文字を入力し、仕訳登録をします。

画像3

一度登録した名称タグは記憶され、プルダウンで選択できるようになります。

画像3

また確認してほしい内容が明確な場合は詳細を開き、メモ欄にその内容を記載していただくことで、具体的に何を確認してほしいか相手に伝えられます。

画像3


注意事項:データ連携して取得した明細にタグをつけて仕訳登録をすると、自動仕訳ルールはタグも含めて仕訳を学習します。つまり、同じ摘要が再度出てきた場合は、タグも含めて仕訳の提案をします。以降同じタグをつけたくない場合は、自動仕訳ルールを編集いただきますようお願いいたします。

■手動で入力した明細(手動で仕訳)で活用する手順
手動で入力する[ 手動で仕訳 ]でも同じように、タグとメモ機能を活用することができます。

画像4

ダブルチェック者がタグのついた仕訳を検索する方法

[ 会計帳簿 ]>[ 仕訳帳 ]で、タグの種類ごとに仕訳を検索することができます。

画像5

また編集を押すと、メモ欄に記載した内容を確認することができます。

画像6

上記の機能を使うことで、仕訳をダブルチェックする人に対して「【要確認】のタグだけ確認ください」と注意喚起したり、顧問税理士に「勘定科目が合っているか不安なものを【要確認】のタグをつけてます」などとお伝えできたり、相手に理解を促すことができます。

また応用編として、仕訳検索のところで[ タグあり ][ タグなし ]も選択ができるので、タグがついている仕訳を一括で検索することも可能です。便利な仕訳検索方法についてはこちら

画像7

***

タグとメモ機能を活用することで、社内や顧問税理士とのコミュニケーションが円滑になるかと思います。ぜひこの機会にご活用ください。#クラウドTips、次回もお楽しみに!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
マネーフォワード東海北陸支社で、「マネーフォワード クラウド」シリーズのカスタマーサクセスを担当しています。 高校で商業科の教員をしておりました。週末は娘とお笑い番組を見て過ごしています。

こちらでもピックアップされています

クラウドクエスト
クラウドクエスト
  • 103本

「マネーフォワード クラウド」に関わる人々が、"プロダクトだけでは伝わらない想い”を言葉に綴りお届けしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。