見出し画像

マネーフォワード クラウド確定申告に新プランができました。既存プランもさらにお得に🎉

こんにちは。マネーフォワードの浅丘です。2020年6月2日に、マネーフォワード クラウド確定申告のプランが変わりました。今回の改定では、以下の2点がポイントとなります。

①新プラン「パーソナルミニ(月額980円)」を創設🎊
②「パーソナル」値下げで既存ユーザーはよりお得に💰

この記事では、料金プランの変更点や特徴についてご説明します。

新料金プランについて

マネーフォワード クラウド確定申告の新たな料金プランはこちらです。

スクリーンショット 2020-05-29 10.07.14

【主な変更点】
・「パーソナルミニ(月額980円)」を新設
・「パーソナル」を月額2,480円→月額1,280円に値下げ
・旧「パーソナルライト」→「パーソナル」に統合し、価格そのまま&機能アップ

【ざっくり比較】
■旧プラン

①パーソナルライト(月額1,280円 / 年額11,760円)→新パーソナルに統合
②パーソナル(月額2,480円 / 年額23,760 円)
③パーソナルプラス(年額35,760円)
■新プラン
パーソナルミニ(月額980円 / 年額9,600円)→新設🆕✨
②パーソナル(月額1,280円 / 年額11,760円)→値下げ/機能拡充✨
③パーソナルプラス(年額35,760円)※変更なし

①新プラン「パーソナルミニ(月額980円)」を創設
1つ目のポイントが、使える機能を必要最低限にしぼった「パーソナルミニ」という新プランを創設したことです。こちらは開業したての方、副業の申告がある方、とりあえず確定申告だけできればいいといった方を対象に、価格を抑えてご提供させていただくことになりました。

②「パーソナル」値下げで既存ユーザーはよりお得に
2つ目のポイントは、旧プランの「パーソナルライト」を廃止することと、新プランで「パーソナル」の値下げを行うことです。これにより「パーソナルライト」「パーソナル」をご利用いただいていた皆様には、以下のようなお得感を感じていただけます。

■旧プラン「パーソナルライト」をご利用の方
料金は月額1,280円(年額11,760円)のまま、機能はワンランク上の「パーソナル」に移行されます。引き続きキャッシュフローや収益、費用といったレポート機能をすべてご利用いただける上、請求書や見積書といった帳票の一括作成や、郵送・メールの一括送付も可能になります。
■旧プランで「パーソナル」をご利用の方
これまでの機能そのままで月額2,480円→月額1,280円に値下げとなります。

「パーソナルミニ」はこんな方におすすめ

パーソナルミニは、確定申告のための最低限の機能を揃えました。価格は月980円と費用負担を抑えてご利用いただけます。

注意したいのは「消費税の集計機能がないこと」「請求書送付先の登録数に上限があること」「自動レポート機能がないこと」です。開業したての方や副業の申告をしたい方で、売上や取引先が少ないケースでのご利用を想定しています。

パーソナルミニでは取引先登録数の上限が不安、経営状況を正確に把握したいという方は、ぜひ上位プランのパーソナルをご利用ください。

■パーソナルミニの特徴
・確定申告のための最低限の機能が使える
・利用できる自動レポート機能が限定されている
・消費税の集計機能がない(課税事業者は要注意⚠️)
・取引先の登録数に上限がある⚠️
・請求書などの郵送、メール送信等の一括操作ができない⚠️
■こんな方におすすめ
・今のところは確定申告さえできればOK
・なるべく費用負担を抑えたい
・取引先が多くない免税事業者(事業や副業の年間売上が1,000万円未満)
・開業したてで、売上や取引先が多くない
・副業で、特定の取引先から収入を得ている

「パーソナル」はこんな方におすすめ

パーソナルでは、キャッシュフローや収益、費用といったレポート機能をすべてご利用いただけます。経営状況の把握に役立てていただけます。

さらに、帳票の情報を入力したCSVファイルをアップロードすることで、請求書や見積書といった帳票が一括作成できます。また郵送・メールでの一括送付もできるため、より一層の業務効率化を実現できます。

請求書などの送付先の登録数に上限もないため、取引先数を気にする必要もありません。

■パーソナルの特徴
・キャッシュフローなどの自動レポート機能をすべて利用できる
・消費税の集計機能がある(課税事業者はうれしい💡)
・取引先の登録数に上限がない
・請求書などの帳票を一括作成できる
・請求書などの郵送、メール送信等の一括操作ができる
販売管理台帳が利用できる
■こんな方におすすめ
・個人事業主
・課税事業者(事業の年間売上が1,000万円を超えている)
・取引先(請求書などの送付先)が月15件以上ある
・自動レポート機能を活用して経営状況をチェックしたい

おわりに

今回のプラン改訂によって、「確定申告だけできればいい」「売上状況を見える化したい」などのより幅広いニーズに寄り添えるようになりました。

これを機にマネ―フォワード クラウド確定申告をご活用いただき、クラウドサービスのメリットを感じていただければ幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
マネーフォワードクラウド会計の企画・運用してます💁‍♂️ 電卓📟はCASIO、税務六法📖はぎょうせい派。会計・税務を深堀りしていきます 🙆‍♂️ : 夏🌞 サッカー⚽️寝ること🛌 🤷‍♂️ : 冬☃️片づけ🧹※名前は仮名です

こちらでもピックアップされています

クラウドクエスト
クラウドクエスト
  • 97本

「マネーフォワード クラウド」に関わる人々が、"プロダクトだけでは伝わらない想い”を言葉に綴りお届けしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。