マガジンのカバー画像

クラウドクエスト

110
「マネーフォワード クラウド」に関わる人々が、"プロダクトだけでは伝わらない想い”を言葉に綴りお届けしていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

大幅に品質が向上した年末調整機能の開発裏話を公開します!

こんにちは、株式会社マネーフォワードにてマネーフォワード クラウド給与(以下『クラウド給与』)のプロダクトマネージャーを務める有働と申します。 『クラウド給与』における2020年分の年末調整機能は、これまでと違い非常にチャレンジングな環境で開発しました。その中で直面した困難や、品質向上のために行った工夫などについて紹介したいと思います。 年末調整2020年版、開発の裏側👀まずは担当者の皆様、2020年の年末調整対応お疲れ様でした。マネーフォワードも1月末をもって毎年のビッ

スキ
22

年末調整について改善するならまさに今!な理由

はじめまして、マネーフォワード クラウドHRプロダクトのマーケティングを担当している藤田と申します。 いま労務担当者の方は「年末調整の対応が一段落してきたところ」という、少しホッとしているタイミングだと思いますが、まさに今年調の業務の見直しをしてほしい……!ということをお伝えすべく、noteを書きたいと思います! 年末調整、お疲れさまでした!🍵年末調整の対応、お疲れさまです。従業員向けの作業が年内に完了したものの、まだ申告対応に追われている労務担当者の方もいらっしゃると思

スキ
35

「マーケエンジニア」ってなんだ!? 仕事や素質について座談会で語ってみた!

マネーフォワード分析推進室/室長の酒井です。 突然ですが今、分析推進室は新しいメンバーを募集中です! 新しいメンバーは、マーケティング領域のエンジニアリングもできる方が良いなと思っており、なんとなく「マーケティング・エンジニアを採りたい!」と折々言っているこの頃です。 ただ、募集要項を作るなどしているうちに、そもそも「マーケティング・エンジニア」ってなんなのかが段々とわからなくなってきてしまいました……😇 そこで、今回、社内でマーケティングに携わっているエンジニアの方を

スキ
31

【後編】クラウドで監査業務はどう変わる? 監査法人目線で企業ができることを聞いてみた

こんにちは、マネーフォワード クラウド会計Plusのマーケティングを担当している大佐古です。 前回に引き続き、PwC監査法人あらたの久保田様に監査法人のクラウド活用に関するお話を伺いました。 ※前回の記事はこちら👇 話し手:久保田 正崇様 1997年青山監査法人入所。2002年から2004年までPwC米国シカゴ事務所に駐在。帰国後、2006年にあらた監査法人(現PwCあらた有限責任監査法人)に入所。国内外の企業に対し、会計、内部統制、組織再編、開示体制の整備、コンプライ

スキ
22

【Road to 感謝祭 #7】 「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」イベントレポート

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」をオンラインで開催いたしました。 忙しい時期の月末であるにも関わらず800名程のお申込みをいただき、誠にありがとうございます。 テーマは皆さまへの「感謝」 いつもお付き合いさせていただいている現場のメンバーの、「士業の皆さまに日々の感謝を伝えたい」という声から企画が始まりました。 今回のイベントでは、普段士業の皆さま向けにお話することの少ない登壇者によるメインセッション、平行して開催したサブセッシ

スキ
12

【前編】クラウドで監査業務はどう変わる? 監査法人目線で企業ができることを聞いてみた

こんにちは、マネーフォワード クラウド会計Plusのマーケティングを担当している大佐古です。今回は、上場企業にとって切っても切り離せない「監査法人」の視点を見つめるべく、PwCあらた有限責任監査法人の久保田様にお話を伺いました。聞き手は当社経理部長の松岡さんです。 話し手:久保田 正崇様 1997年青山監査法人入所。2002年から2004年までPwC米国シカゴ事務所に駐在。帰国後、2006年にあらた監査法人(現PwCあらた有限責任監査法人)に入所。国内外の企業に対し、会計、

スキ
22

【Road to 感謝祭 #6】「士業とともに実現したい日本の中小企業の未来予想図」とはどのようなセッションか

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」を開催いたします。2020年7月27日に2回目の開催で好評をいただいた「士業サミット2020」とは別に公認メンバーの皆さまに向けた感謝祭として完全オンラインのスピンオフイベントを実施することになりました。 【公認メンバーとは】 中小企業の抱える課題を共に解決する事を目的として、士業事務所様とマネーフォワードが結んでいるパートナーシップです。北は北海道、南は沖縄まで、全国で4,200を超える士業事務所

スキ
21

【Road to 感謝祭 #5】公認メンバー感謝祭のサブセッションに込めた想い

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」を開催いたします。 2020年7月27日に2回目の開催で好評をいただいた「士業サミット2020」とは別に公認メンバーの皆さまに向けた感謝祭として完全オンラインのスピンオフイベントを実施することになりました。 【公認メンバーとは】 中小企業の抱える課題を共に解決する事を目的として、士業事務所様とマネーフォワードが結んでいるパートナーシップです。北は北海道、南は沖縄まで、全国で4,200を超える士業事

スキ
12

【Road to 感謝祭 #4】公認メンバー感謝祭のノベルティが完成しました!

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」を開催いたします。 2020年7月27日に2回目の開催で好評をいただいた「士業サミット2020」とは別に公認メンバーの皆さまに向けた感謝祭として、完全オンラインのスピンオフイベントを実施することになりました。 【公認メンバーとは】 中小企業の抱える課題を共に解決する事を目的として、士業事務所様とマネーフォワードが結んでいるパートナーシップです。北は北海道、南は沖縄まで、全国で4,200を超える士業

スキ
9

【Road to 感謝祭 #3】マネーフォワード元人事本部長が語る「予防人事的アプローチ」とは

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」を開催いたします。2020年7月27日に2回目の開催で好評をいただいた「士業サミット2020」とは別に公認メンバーの皆さまに向けた感謝祭として、完全オンラインのスピンオフイベントを実施することになりました。 【公認メンバーとは】 中小企業の抱える課題を共に解決する事を目的として、士業事務所様とマネーフォワードが結んでいるパートナーシップです。北は北海道、南は沖縄まで、全国で4,200を超える士業事務

スキ
23

【Road to 感謝祭 #2】公認メンバー感謝祭のノベルティに込めた想い

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」を開催いたします。2020年7月27日に2回目の開催で好評をいただいた「士業サミット2020」とは別に公認メンバーの皆さまに向けた感謝祭として完全オンラインのスピンオフイベントを実施することになりました。 【公認メンバーとは】 中小企業の抱える課題を共に解決する事を目的として、士業事務所様とマネーフォワードが結んでいるパートナーシップです。北は北海道、南は沖縄まで、全国で4,200を超える士業事務所

スキ
14

「ユーザーフォーカスを体現したい」経理本部が開発協力する想いを聞いてみた

こんにちは、マネーフォワード クラウド会計Plusのマーケティングを担当している大佐古です。マネーフォワード クラウド会計Plusは2020年2月にサービスリリースされた後、内部統制がより効果的になるよう強化され、リリース半年で100社を超える上場企業・上場準備企業様にご導入いただいています。 実は、ユーザー第一号がマネーフォワード経理本部でもあり、今回はマネーフォワード経理本部がどのようにサービス開発に関わっているかをご紹介します。 マネーフォワードの経理本部は自社プロ

スキ
27

【Road to 感謝祭 #1】公認メンバー感謝祭を開催するきっかけとその想い

2020年11月27日(金)に「士業サミット - 公認メンバー感謝祭 - 」を開催いたします。 2020年7月27日に2回目の開催で好評をいただいた「士業サミット2020」とは別に公認メンバーの皆さまに向けた感謝祭として完全オンラインのスピンオフイベントを実施することになりました。 【「公認メンバー」とは?】 中小企業の抱える課題を共に解決する事を目的として、士業事務所様とマネーフォワードが結んでいるパートナーシップです。北は北海道、南は沖縄まで、全国で4,200を超える士

スキ
24

クラウド給与の年末調整機能を2020年度版にアップデートしました!📣

もうすぐ年末調整の季節ですね。マネーフォワード クラウド給与は今年も年末調整機能に関するいくつかのアップデートを行いました。どのような課題に対し、どのような改善を行ったのか、また、マネーフォワード クラウドが年末調整のUXをどう進化させていきたいのか、本noteにてまとめてみました。 2020年度のアップデートに関して今年の改善内容は大きく4つポイントがあります。 1)法令対応 2)労務担当者が使いやすくなる機能 3)従業員が使いやすくなる機能 4)外部連携 1つ目の法

スキ
17